4月1日より新プログラムスタート! 詳細はこちらから

デイサービスで働く30代女性の腰痛のお話

30代に突入してからというもの体型の維持が難しくなったとのことで、ご来店されたクライアント様。

もちろんジムに通う目的は身体づくりなのですが色々お話をしていると、ずいぶん前から腰を痛めているとのこと。

なかなか調子が良くならないことから腰痛はずっと付き合っていくものと諦めておられましたが、身体づくりと並行して腰痛改善を行ったところ、結果的に3ヶ月ほどで腰痛が気にならなくなったというお話です。

目次

なぜ腰痛を発症したのか

今回のクライアント様はデイサービスで働かれている30代女性。

右の腰を長い間痛めているとのことで、身体の状態を確認すると右の腰・脚(太ももの前面と側面)の筋肉の緊張が目立っており、それらが腰痛を引き起こしていると考えられました。

腰痛の過程・原因

お仕事はデイサービスでの利用者さんのお世話や事務作業が中心であり、その仕事の中で腰を痛めたのではないかとクライアント様ご自身で自覚があるようでしたので、具体的に普段のお仕事の様子をお伺いしたところ、入浴介助の際に腰を痛めることが多いとわかりました。

そこで、入浴介助での姿勢や動きを再現してもらうと、そこに腰痛の原因が見えてきました。

入浴介助では常にしゃがんだ状態でいることに加えて右側に大きく体重が偏っていることがわかり、それが右の腰や脚の筋肉の緊張へと繋がっていました。
そのため、左に比べると右の股関節の動きは硬く、右脚は体重を上手く支えられていない状態でした。

腰痛改善に向けて

まずは右脚と左脚のバランスを整えるために、右の太もも前面と側面の緊張緩和・下半身の関節を調整すると、立ち姿勢に変化が現れ楽に立てるようになったそうです。

そこからは、適切なしゃがみ動作の習得に向けてトレーニングを開始し、しゃがみ動作(=スクワット)にて股関節への刺激を与え続けること2ヶ月で腰痛が大幅に改善し、3ヶ月経った頃には普段から腰痛を感じなくなったようです。

ちなみに、腰痛改善に向けて実施したトレーニングにて股関節を上手く使えるようなったことで、脚のラインもとても綺麗になりました。
身体の動きとスタイルは相関関係にあるため、痛みの改善に伴いスタイルが良くなるというのは実は良くあることです。

まとめ

今回の腰痛は入浴介助の際の姿勢や動きが腰に負担をかけたために発症したケースでした。

デイサービスや介護などのお仕事をされている方は、今回のようなケースで腰痛を発症する可能性が十分に考えられますので、同じような姿勢や動きが繰り返されることがないか確認してみてください。

腰痛を諦めている方もまだまだ多いようですが、身体や習慣を見直すことで改善の余地はありますのでご安心ください。
しかし、発症しないことが何よりですので、普段からのケアを心掛け、何かおかしいと感じた際には早めの対処をお勧めします。

記事の共有はこちらから
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる