4月1日より新プログラムスタート! 詳細はこちらから

そのダイエット、本当に必要ですか?

このコラムをご覧になられたということは、ダイエットに関心がある、ダイエットを始めようしている、または既にダイエットに取り組んでいるといったところではないでしょうか。

そのような方々にとって水を差すような今回のコラムのタイトルですが、だからこそダイエットに興味・関心がある方に目を通していただきたいと思っています。

以前のブームになっていた頃に比べると落ち着いたとは言え、まだまだダイエットの需要は高いように感じます。

しかし、本当にダイエットって必要なのでしょうか。

今回のコラムを機に、ダイエットへの見方・考え方が少しでも変わっていただければ幸いです。

目次

ダイエットとはそもそも何か

まず、ダイエットという言葉が当たり前のように飛び交っていますが、そもそもダイエットの意味をご存知でしょうか。

ダイエットの意味

ダイエットと辞書で引く、またネットで調べると以下のように書かれています。

ヒトや動物が普段から習慣的に食べている食べ物。

医学上の理由に基づき、食事の内容を制限すること。

食事療法。

つまり、ダイエットとは大きくまとめると「食事」のことを指しており、健康を維持するために食事の量や内容をコントロールことであると言えます。

ダイエットを再確認

ダイエットの意味がわかったところで、これからご自身が始めようとしているダイエット、また既に取り組んでいるダイエットを再確認してみましょう。

まず、あなたのダイエットはダイエットになっていますか。

運動でダイエットはできない

ややこしく感じるかもしれませんが、先ほど申し上げたようにダイエットとは食事のことを指しますので、ダイエットのためにトレーニングや運動を頑張ろうと思っているのであれば、それはダイエットではありませんし、トレーニングや運動をたくさん頑張ったから体重や体脂肪が落ちるというものでもありません。

ダイエットがいけないというお話ではない

ここまでダイエットについて紐解いてきましたが、現時点でタイトルと相まってダイエットに対するネガティブな印象を持たれているかもしれませんが、今回のコラムではダイエットがいけないということを伝えたいわけではありません。

中には、ダイエットをした方が良い方もいらっしゃいますので、もう少しダイエットについて踏み込んでいきましょう。

ダイエットの影響を受けるもの

ダイエットの影響を大きく受けるのが、体重や体脂肪といった体組成の数字です。

つまり、体重や体脂肪などの数値の変化を望むのであれば、食生活に目を向けることが重要となってきます。

ダイエットをすべきであるケース

ダイエット、つまり食生活の見直しをすべきであるケースとしては、生活習慣病をはじめとした体組成の数値の改善が必要である症状を患っているケースです。

もちろん、運動による改善効果が全く無いわけではありませんが、体組成の変化は運動よりも食事の影響を強く受けるため、
食生活の改善・見直しが効果的な手段と言えます。

今のあなたにダイエットは必要ですか

さて、ここまでの内容をご覧になっていただきまして、一つご質問を投げかけます。

「今のあなたにダイエットは必要ですか」

その答えは皆様ご自身の中にお持ちであることと思います。

まとめ

一時のダイエットブームの頃から考えると落ち着いたとは言え、まだまだダイエットという言葉はよく聞こえてきます。

ご自身の健康のために体重・体脂肪を落とすという手段が必要であるケースもありますが、今のあなたにそれは必要でしょうか。

もし、あなたが綺麗になりたいという理由でダイエットに取り組もうとしているのであれば、それはあまりお勧めできません。

なぜなら、ダイエットで体重や体脂肪が落ちたからといって綺麗になるとは限らないからです。

体重や体脂肪などの数値の変化とスタイル・ボディラインといった容姿の変化ではアプローチが異なります。

ですので、綺麗になりたい・美しくなりたいと考えているのであれば、まずダイエットの考え方から変えていきましょう。

見た目・容姿に磨きをかけるヒントは運動に隠れています。

記事の共有はこちらから
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる